iTRENDとは

  • HOME »
  • iTRENDとは

Transcatheter Endocardiovascular Intervention Conference

本会は、2012年4月に設立されたStructural Heart Interventionなどの心臓先端医療にフォーカスした研究会組織です。

超高齢化時代の到来に備え、同分野に興味を共有する各方面の専門家と国内海外経験者陣にお集まりいただき、まずは実臨床に携わる立場から、現実的かつ社会に開かれた医療討論とその発信への貢献を発足理念とします。

本会は、2012年4月に創立して以来、世界の先端医療、特に心臓分野にフォーカスした医療情報の共有、発信などを行い、広く支持を得て参りました。2013年9月より「特定非営利活動法人iTREND心臓先端医療研究会、英称TREND、略称iTREND」として新たなスタートを切りました。
急速な高齢化が進む現在、WHO統計における死因の最上位は依然、心臓血管疾患が占めており、同分野における最新の治療学、予防学も日進月歩で進化しております。日本国内では2013年10月より保険償還開始となったカテーテルによる心臓弁治療(通称TAVIもしくは TAVR)を第一波に、大きな革新の波群が押し寄せ、心臓医療のこれまでの常識にも大きな変化が訪れております。こうした背景の中、侵襲のより少ない、安全かつ有効な最新医療への関心は、医療関係者の枠を越え、既に一般の社会においても、これまでになく急激に高まっているのは明白です。高齢者医療を今、みなさんで再考し、情報の共有・発信に目を向けることは、超高齢化社会を迎える国民である私たち自身への一助になると信じます。心臓最新医療における最新の議論を行い、その内容を、医療者はさることながら市民の方々へも分かり易いよう、それぞれ丁寧に発信・共有いただく。医療を提供する側、受ける側の架け橋に、また、明るい健康な高齢化社会への架け橋となるよう、努めて参りたいと存じます。医療者・患者・一般を問わず、その橋を共に築き、支えて下さる方々皆様の、会への参加をお待ちしております。

ログイン

PAGETOP