The 5th TREND Inter Conference 岡山2016

TREND InterConference岡山2016

The 5th Transcatheter Endocardiovascular Intervention Conference

2016年2月6日(日)会場:ホテルグランヴィア岡山
実行委員長:第5期実行委員長 小宮 達彦(倉敷中央病院 心臓血管外科 主任部長)

実行委員長挨拶

 さて、この度、平成28年2月6日(土)ホテルグランヴィア岡山におきまして、TREND InterConference 2016を開催させていただきます。2012年に東京品川で第1回が開催され、今回は第5回となります。
 本会は、循環器学の研究・診療に携わっておられる医師や医療関係者を対象に、全国60施設以上で行われているTAVI(Transcatheter Aortic Valve Intervention; 経カテーテル大動脈弁置換術)という新しい治療について最新の研究発表を行います。TAVI治療においては、循環器内科、心臓外科、麻酔科および多職種のプロフェッショナルによるハートチームの重要性が高まっています。またヨーロッパを中心としてこの分野における進歩は目まぐるしく、日本の多くの施設ではラーニングカーブのスピードアップを図る必要があるでしょう。日本人特有の勤勉さと繊細さを活かせば必ず世界に追いつき、追い越せる力が十分に秘めていると確信しております。本会では日本を代表するTAVI施設の先生方から弁輪計測や弁留置のコツについて深く掘り下げてお話いただき、またこれから日本に導入される新しいデバイスに関しても画像をふんだんに使用して発表いただく予定です。日本全体のハートチームを形成して、日本全体が一丸となって世界に誇る成績を発信する一つのきっかけの場として本会を利用して頂き、ぜひとも活発な討論行って頂きたい所存でございます。皆様の本会へのたくさんの御参加の程心よりお待ちしております。

プログラム

講演会場(フェニックスAB)

※演者名をクリックすると詳細内容をご覧いただけます(会員限定のためログインが必要です)。

■開会挨拶9:00-9:10
会長:小宮 達彦(倉敷中央病院 心臓血管外科)

■セッション19:10-9:50
「あなたの(あなたの施設の)弁輪計測、撮影のはじめから見せてください・教えてください。」
座長:福 康志(倉敷中央病院 循環器内科)
座長:坂田 芳人(池上総合病院 ハートセンター 循環器内科)
演者:八島 史明(慶應義塾大学医学部 循環器内科 心臓カテーテル室)
演者:前田 孝一(大阪大学 心臓血管外科)
演者:三宅 剛司(倉敷中央病院 循環器内科)
演者:新井 善雄(小倉記念病院 心臓血管外科) 

▼座長より
TAVIの術前計測においてCTでの弁輪計測は最も重要と考えております。しかしながらその計測値は、我々の施設内でも検者間で差があり、また施設間では認識以上の差がある可能性があると思っています。また計測値は異なっても、実際の手技において最終的なステントサイズの選択とinflation volumeはほぼ同じとなるのかもしれません。今回のセッションでは、まず施設間の計測値や計測法がどの程度異なっているのかを2症例の結果を基にディスカッションしていきます。
※テーマ
1.R-R 何%で計測しているか。AFのときはどのように計測しているか。
2.計測に使用しているソフトは何か。
3.Sapienを留置する場合は、通常では弁輪(area?/ perimeter?/diameter?)の何%のoversizingをターゲットとしているか。
4.Sapienでの貴院の23mm/26mmの比率は。
5.Sapienを留置した症例で後拡張を行ったのは全体の何割か。

■スポンサードセミナー110:05-10:55
「CoreValve sizing, access, and best practice: The challenges I experienced and the state of art I reached」
座長:小林 順二郎(国立循環器病研究センター)

演者:Thomas Modine, M.D.(Center Hospital Regional University de Lille, France)

共催:日本メドトロニック株式会社

■Focus session11:10-11:50
「あなたはどの位置から弁を留置しますか。」
座長:後藤 剛(倉敷中央病院 循環器内科)
座長:白井 伸一(小倉記念病院 循環器内科  心臓血管病センター)
演者:白井 伸一(小倉記念病院 循環器内科  心臓血管病センター)
演者:荒木 基晴(済生会横浜市東部病院 心臓血管センター 循環器内科)
演者:渡邊 雄介(帝京大学医学部附属病院 循環器内科)

■TAVI関連協議会からの報告12:05-12:20
座長:高山 守正(榊原記念病院)
演者:澤 芳樹(大阪大学 心臓血管外科)

■ランチョンセミナー12:30-13:20
「Beauty of TAVI in Europe and dream beyond it」
座長:小宮 達彦(倉敷中央病院 心臓血管外科)

演者:Vinayak Bapat, M.D.(Guys and St. Thomas’ Hospital, London)

共催:エドワーズライフサイエンス株式会社

■セッション213:30-14:20
「CorevalveとSapienの使い分け」
座長: 齋藤 滋(湘南鎌倉総合病院 循環器内科)
座長:新浪 博士(埼玉医科大学国際医療センター 心臓血管外科)
演者:山本 真功(豊橋ハートセンター 循環器内科)
演者:林田 健太郎(慶應義塾大学医学部 循環器内科 心臓カテーテル室)
演者:倉谷 徹(大阪大学 低侵襲循環器医療学講座)
演者:小林 順二郎(国立循環器病研究センター)

■Surgical session14:35-15:55
「Experienced teamに聞く!TAVIにまつわる諸問題」
●TAVIで循環破綻する時。予防的PCPSの適応とは?
●手術して助かる弁輪破裂、助からない弁輪破裂
●アクセストラブル
●TAVIでうまくいく二尖弁いかない二尖弁
●Valve in valveをみすえた生体弁の年齢適応、TAVIを行う年齢の上限下限

座長:古田 晃(上尾中央総合病院  心臓血管センター)
座長:志水 秀行(慶應義塾大学病院 心臓血管外科)
コメンテーター:桃原 哲也(榊原記念病院 循環器内科)
コメンテーター:有田 武史(九州大学病院 ハートセンター第一内科)
コメンテーター:新浪 博士(埼玉医科大学国際医療センター 心臓血管外科)
演者:鳥飼 慶(大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科)
演者:高梨 秀一郎(榊原記念病院 心臓血管外科)
演者:多田 憲生(仙台厚生病院 心臓血管センター 循環器内科)
演者:林田 健太郎(慶應義塾大学医学部 循環器内科 心臓カテーテル室)
演者:羽生 道弥(小倉記念病院 心臓血管外科 心臓血管病センター)

■スポンサードセミナー216:00-16:45
「The role and strength of sutureless valve in the TAVI era」

座長: 島本 健(倉敷中央病院 心臓血管外科)

演者:Borut Gersak, M.D., Ph.D., Professor of Surgery (Department of Cardiovascular Surgery, University Medical Center Ljubljana, Slovenia)

共催:日本ライフライン株式会社

■セッション316:50-17:40
「経カテーテル的弁膜症の将来」
●Transcatheter treatment of mitral and tricuspid valve

座長:田端 実(東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科)
座長:大野 洋平(東海大学医学部付属病院 循環器内科)
演者:Vinayak Bapat(Guys and St. Thomas’ Hospital, London)
演者:市堀 泰裕(大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学)
演者:Thomas Modine(Center Hospital Regional University de Lille, France)
演者:Borut Gersak(Department of Cardiovascular Surgery, University Medical Center Ljubljana, Slovenia)

■閉会挨拶17:40-17:45

企業展示会場(フェニックスC)

■展示ミニセミナー19:50-10:05
「僧帽弁閉鎖不全症の治療において経カテーテル治療は主流となりうるか?」
座長:小宮 達彦(倉敷中央病院 心臓血管外科)
演者:松本 崇(仙台厚生病院 循環器内科)

共催:アボットバスキュラージャパン株式会社

■展示ミニセミナー210:55-11:10
「局所麻酔でTAVIを行う際の注意点」
座長:木村 素子(倉敷中央病院 麻酔科)
演者:山本 真功(豊橋ハートセンター 循環器内科)

■展示ミニセミナー311:50-12:05
「Mechanically expandable prosthesisのTAVI診療に与えるインパクト」
座長:福 康志(倉敷中央病院 循環器内科)
演者:大野 洋平(東海大学医学部付属病院 循環器内科)

共催:ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

■展示ミニセミナー414:20-14:35
「TAVIの成功は画像担当者の熱意と力量にかかっている」
座長:丸尾 健(倉敷中央病院 循環器内科)
演者:有田 武史(九州大学病院 ハートセンター第一内科)

共催:シーメンスヘルスケア株式会社

ログイン

PAGETOP